夏休みになると、東京の実家に孫や娘たちが帰省することも多いでしょう。
祖父母にとっては年に一度の楽しみの瞬間であり、久しぶりに会う孫の成長に感嘆し、喜びも一入なのです。
夏休みの帰省となると長期間に及び、一週間以上実家で宿泊することも珍しくいありません。
だが高齢者宅で孫たちが過ごすには、テレビゲームもネットもなく退屈しないか心配になってしまう祖父母も多いのです。
孫が暇を持て余さず、三世代で一緒になって体験でき楽しめるようなイベントや遊びをここでは紹介します。
また外国人観光客や、LGBTなど性別に関係なく楽しめることをご紹介しましょう。

夏休みの困りごとについて

夏休みは子供たちにとって、パラダイスな月間です。
毎朝眠いにもかかわらず、叩き起こされ学校に通学する必要がありません。
そして勉強やテストと追い立てられることもなく、毎日自由に過ごすことができます。
朝から大好きなアイスクリームを食べるのもよし、朝いちばんからテレビゲームに没頭するk\ことも許されまさにパラダイスです。
しかしその一方で頭を抱えるのがご両親と言えるでしょう。
だらしない生活で規則正しくない生活習慣を正し、夏休みの宿題や自由研究のテーマを早く決めるように諭さなければなりません。
8月下旬になって何も一切宿題も自由研究も手を付けていないということも珍しくなく、一番困るのは尻拭いをさせられるご両親です。
そこでおすすめしたいことがあるのです。
それは夏休みに親子で外出する際に、何かイベント企画に参加するということです。
夏休みということで特別企画で各企業や自治体、NPO法人などがイベント体験を募集しているのです。
親子で楽しめるものや、外国人やジェンダーに関係なく参加できるものまでたくさんあるんです。
こうした体験イベントを親子で楽しみ、そしてそれを夏休みの自由研究のテーマにしてしまうと良いのです。

日本古来の染物体験がおすすめです!

各企業や自治体、NPO法人をはじめとし百貨店の催事場や行政のイベント会場でも、様々な夏休みイベントは開催されているものです。
中でも親子や外国人観光客、ジェンダーフリーで楽しめる日本古来の体験イベントが特に人気となっているんです。
その人気の体験イベントとは、染物体験を指します。
染物とは日本古来の伝統技法であり、その色彩も多種多様です。
天然の自然生育した草木を採取してきて、花や茎、葉っぱなどを絞ったり、煎じてに出して色素を抽出し染め上げる草木染は特に人気になっています。
草原や高原、公園などで実際に親子で草木を採取し、それを煎じて煮出し反物やTシャツを染めることができるんです。
自分が採取してきた草木が、どのような色素になってTシャツをどのように鮮やかに染め上げるのか、その化学反応が子供たちにとって非常に楽しくスリリングでエキサイティングな体験になることは間違いありません。
染物体験を夏休みの自由研究にすれば非常に良いものが出来上がります。
そして外国人観光客にお勧めなのは、京都の手描き友禅や沖縄の紅型染です。
外国のタイダイ染とは異なり、日本独時の美意識を体感することができ非常に良い思い出になるんです。

みやこ染参加と知っていて役立つ情報をご紹介!

手描き友禅にしても、紅型染にしてもやはり本拠地の京都や沖縄に行って体験しなければいけないのかと思う人も少なくありません。
しかし外国人観光客にとっては旅程の時間は限られていて、東京以外の京都や沖縄まで行くことはなかなか難しいことです。
しかしあきらめる必要はありません。
東京都心部でも伝統的な歴史のある染物体験に参加することができるのです。
その染物とはみやこ染を指します。
みやこ染は東京日本橋発祥で1890年創業の歴史ある染色技術なんです。
みやこ染のホームページでは親子のほか、外国人観光客やLGBTなどジェンダーフリーな人が参加できる体験を様々随時紹介しているのです。
みやこ染は有害物質を含まない安全性の高い染料ですが、やはり染め上げる際には染料が肌や衣服に飛び散ることがあります。
アレルギーを持っている人は肌につくと、反応が出てしまってはいけないので参加当日は腕などをしっかり覆う長袖などを身に着けてくることが大事です。
そして染料が飛び散って衣服を汚してはいけないので、スモックや大ぶりのエプロン、汚れても構わない衣服で参加することが大事です。
みやこ染ではリユース染などもあり、使わなくなった衣服などを染め上げSDGsやリサイクルの考え方を親子で学ぶこともできます。

まとめ

夏休みになると、東京の実家に帰省する親子も多いでしょう。
また夏休みには東京に多くの外国人観光客やジェンダーフローな人がやってきます。
こうした人々に夏休みにお勧めのイベントは、染物体験なのです。
日本伝統技法や草木染の色彩などを学ぶことができ、非常に有益な時間を過ごすことができます。
さらに京友禅や紅型染に興味のある外国人観光客も多いですが、時間に限りがあり現地で体験することは難しいです。
そこで東京日本橋のみやこ染体験に参加すると良いでしょう。
リユース染など使わなくなった衣服を染め上げることができ、SDGSの考え方などを学ぶこともできます。

オススメサイト
染物は意外と身近!?もっと染物を知りたい方へ
伝統の染物を気軽に楽しみたいならこちら