レンタルがない場合もあるので汚れてもいい服を準備しよう

染物体験はとても楽しいイベントですし、思い出作りにぴったりですが、洋服が汚れるリスクがあるので事前の準備が必要です。
染物体験に行くなら汚れてもいい服装を選ぶのがベストです。
染物体験の中にはレンタルサービスで洋服を貸し出しているところもありますが、レンタルサービスがない店舗の方が多いので汚れてもいい服を準備しておくのが大事です。
染物体験で使用する染料は簡単に落ちるようなものではないので、一度汚れが付着したらそのまま色が残ると思っておいた方が良いです。
染物体験で使用する染料はそのくらい強力なので、捨てる予定のTシャツやパンツなどを着用しておくのがおすすめです。
間違えてもハイブランドのファッションや高級腕時計などは身に付けない方が良いです。
数十万円もするようなハイブランドも染料によって駄目になってしまいますし、高級腕時計も染料の影響で故障してしまう可能性もあります。
なるべく身軽でシンプルな格好がおすすめです。

染物体験の汚れを逆に生かす方法もある

どうせ汚れるのであれば、染物体験の汚れを逆に生かす方法もあります。
無地のTシャツに染料が付着することで、他にはない世界に一つだけのアイテムが手に入ります。
一般的な感覚だと染料の付いてしまったTシャツは汚れ物になりますが、見方を少し変えるだけでデザイン性の高い商品に見えます。
藍染体験の場合は純粋な青ではない暗い青色を使用します。
通常の青とは違って深みがありますし、歴史もあるので重厚な雰囲気があります。
藍色は全部で48種あると言われているので、グラデーションやコントラストの違いから生まれる魅力を生み出します。
藍色は海外ではジャパンブルーと言われることもあり、外国人から高い評価を獲得しています。
藍色に染まったTシャツは海外の方にとっては非常に貴重なものであり、高く評価して高額で購入する方もいます。
染物体験は日本国内でも人気が高いですが、外国人観光客の利用者も多いので汚れを逆に生かしてアピールする方法もあります。

まとめ

染物体験では身に着けているものが汚れる可能性があるので、汚れてもいい服を準備するのがおすすめです。
染物体験の中にはレンタルサービスで洋服を貸し出しているところもありますが、自分で用意しておいた方が確実です。
染物体験に行くなら汚れても大丈夫な服装がベストですが、染物体験の汚れを逆に生かす方法もあります。
藍色はグラデーションやコントラストも美しいので、汚れがデザインになるケースも多いです。
藍色に染まったTシャツは時に綺麗なデザインに見えることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。